魔法瓶と水筒を愛用することは、節約術の基本中の基本らしい

1日に何本も自販機の飲料を買っていると、1年で幾らの損失?

広大なホンダの狭山工場内には、ソフトドリンクの自販機が随所に設けられています。
まあ、世の中で出回っているメジャーな商品であれば、
大抵のドリンクは買うことが出来るんじゃないでしょうか。
ベルダという商店(コンビニみたいな感じ)もありますし。

でも改めて考えてみると、この飲み物代が以外とバカにならないんですよね。
これは、毎度の休憩時間の度に自販機で購入している後輩を見ていて、
ふと思ったことです。

 

広告

 

仮に1本100円として、3本買ったら300円。
月に20日勤務だとすると、1ヶ月で6000円の出費です。

何ともったいない!
6000円くらいどうってことない、 って思いますか?

でも、1年だと6000×12=720000円になってしまいます。
そう考えると、かなりの額ではありませんか?

72000円もあったら、色んなモノが買えますよ(笑)。

 

 

毎月の手取り額から、必要経費を引いてみると

同時に考えないといけないのは、毎月振り込まれる給料は全額使える訳じゃない、
ということです。

例えば、ある月の給料が手取りで20万円だったと仮定して、
あなたはその20万円を丸々使えるでしょうか。

どんなに節制を心がけても毎日の飲食代は出て行きますし、
携帯なりクレジットカードなり、何かしら毎月の支払いはありますよね。

そういったことで毎月5万円が消えて行くとすると、
手取りが20万円なら、使えるのは残りの15万円。

となると、自販機で買う飲み物代が毎月6000円だとすれば、
「15万円のうちの6千円」になる訳で、これはやっぱり結構デカい。

何とか、ここを抑えられないものでしょうか。
月々5000円をカット出来れば、一年で6万円も浮くのですから。

 

魔法瓶・水筒があれば、休憩時間も増えることに

ネットや書籍で調べてみると、お金を節約したければマイボトルを持参するべき、
と主張している人が多いことに気付きました。

そこで私は早速、サーモスの魔法瓶を通販で購入。
寒い時期ならコーヒー、紅茶、緑茶、麦茶、 などを気分に応じて飲み分けています。

さすがに有名ブランドだけあって、保温力は素晴らしいですね。
残量がたっぷりあれば、仕事が終わっても余裕で湯気が立つほど。
逆に暑い時期なら、適度に氷を入れておけば、 ぬるくなることもありません。

いずれにせよ、仕事の休憩時に自販機まで買いに行く手間も省けて、 一石二鳥。
作業の合間の休憩は、食事の時を除いて「10分」ということになっていますが、
トイレに行ったり、ちょっとした段取りをしなくちゃいけなかったりで、
実際は多くても5-7分程度かと思います。

そんな状況で慌ただしく自販機に買いに走っている人たちを見ると、
ゆっくり休めなくて大変そうだなあ、と思います。

その点、手元に魔法瓶・水筒があるだけで、気持ちのゆとりが全然違いますね。
保温力の高い魔法瓶はそれなりの値段がしますが、それでも数千円程度。
一つあればプライベートでも重宝しますし、すぐに元が取れますよ。

 

広告

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

広告

最近の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。