おやじ期間工が肉体疲労を軽減するために工夫していること

ホンダの仕事は楽勝?いえいえ、やはり工場勤務はそれなりに疲れます

 

「トヨタなどの他社メーカーと比べると、肉体的な負担が少ない」
と言われているホンダの期間従業員。

確かに、職場には思っていた以上に女性が多いという印象もありますし、
期間工として他の自動車メーカーで働いた経験がある人たちに言わせれば、

「一度ホンダで働いてしまったら、もうトヨタじゃ働けない」

とか。
つまり、それくらいトヨタの仕事はしんどくて、ホンダは楽。
ということらしい。
ところが、、、他社での経験がない私にしてみれば、

「トヨタと比べたら天国」「スバルよりも遥かに楽勝」

などと言われても、全く実感が湧きません。
実際、一日の仕事が終わる頃には結構な疲れを感じます。

 

広告

ホンダ期間工は身体が資本。どうすれば疲れを減らせるの?

 

疲れが取れない、身体がダルいからと言って、
そう簡単に仕事を休む訳には行きません。

従って、「どうすれば毎日の仕事疲れを減らせるか?」という工夫、
習慣が大事になって来ます。

そんな訳で、私が心がけていることを書いてみましょう。

・就業前のラジオ体操は全力でやる

・よく眠れるように心がける

・ストレスを溜めない

・毎日、風呂に入る

・平日は酒を飲まない

・安全靴にインソールを入れる

一見、当たり前のことばかりが並んでいて、
「なーんだ」と思われた方もいるかも知れません。
まあ、凡事徹底ってやつですよ。

ちなみにホンダでは、勤務前にラジオ体操の音楽が流れ、
所属チームで一斉に身体を動かすことになっています。
恐らく、何十年も昔からの習慣なのでしょう。

しかし、私のチームに
「ラジオ体操なんてバカバカしくてやってられるか」
とでも言わんばかりの態度で、
適当に身体をプラプラさせているだけの輩がいるんですが、
終業時には誰よりも「あー疲れた」って愚痴って来たりするんですよね。

ラジオ体操をバカにするなと言いたい。
ケガの予防にもなるし、傍からは滑稽に思われようと何だろうと、
私は全力でやってます(自分なりにストレッチも加えてます)。

 

広告

もう少し具体的に解説してみます

お風呂。
これが、入らない人も結構いるんです。
シャワーで済ませてしまうだけの人が。
でも、疲れの取れ方が全然違うんですよね。

寮の共同浴場は浴槽も大きく、サウナもあるので街の銭湯みたいな感じ。
このお風呂にゆったり浸かるのは、私にとって至福のひとときなんですが
中にはシャワーをパッと浴びてすぐに出て行ってしまう人も。
もったいない。

私自身は、サウナも日常的に利用させてもらってます。
風呂から上がると血流が良くなってるのが良く分かるし、
身体が軽くなりますね。
これが無料なんて、ありがたいありがたい。

お酒。
ホンダでの仕事を終えて寮や自宅に戻り、
風呂の後や寝る前にビールを飲むことが楽しみ、
という人もいるでしょう。

でも私は、お酒を飲むのは週末だけと決めています。
何故なら、平日に飲んでしまうと、
どうしても睡眠が浅くなったり、翌日の仕事が辛くなるから。

まあ、ちょっとくらいならいいのかも知れませんが、
私自身はアルコールが身体から完全に抜け切るまでに時間がかかるし、
平日はきっちり仕事、週末はリラックス、
というメリハリを付けるためにも、このようなスタイルに落ち着きました。

インソール。
わざわざお金を出して入れている人は、あまりいないでしょうね。
でも、効果抜群。

 

ホンダでは入社すると安全靴を支給してくれますが
(底がすり減ったり、あまりにもボロくなったら無料で交換してくれます)、
休憩時間も含めて毎日9時間近く履かなくちゃいけない安全靴は、
とても快適とは言い難い。

たとえばニューバランスやナイキ、アディダスなどのスニーカーと比べると
やっぱり足から疲れが来るんですよね。それもかなり。

「じゃあ、靴そのものを変えられないんだったら、中敷きを変えたらどうなんだろう?」

と思い、東急ハンズで3000円くらいするやつを買ってみたら
以前と比較してぐっと仕事が楽になりました。

もちろん、もっと安いインソールも売っていますし、
高ければいいってものでもないと思うので、
自分に合ったやつを探してみるといいでしょう。

 

広告

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

広告

最近の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。