毎月22日は「スワンの日」。意味ねー。

スワンの日

「22」→「スワン」→「吸わん」→「禁煙しろ」?

ホンダの狭山工場では(いや、国内全ての工場でしょうか)、
22日になると「スワンの日」を知らせる放送が流れます。
数字の「2」がスワンの姿に似ているということで、
スワン=「吸わん」という、かなり強引なこじつけですね。

要するに、
「健康のため、周囲の人のために、 今日一日、禁煙にチャレンジしましょう。」
そんなメッセージです。

 

広告

 

・・・うるさい。 ・・・この放送、意味あるのか。 と思ってしまうのは、私だけでしょうか。

「吸わん」の日、と言われても

ちなみに私は、大の嫌煙家です。
例えば飲食店に入った時、隣の席のやつが無遠慮にプカプカ吸ってたら、
これ見よがしにメニューか何かでパタパタ仰ぎ、
その副流煙を本人の方向に流すほど、タバコが嫌いです。

向こうが遠慮せずに吸っているのですから、 こちらだって遠慮する必要はありません。
喧嘩上等。

そもそも「今日一日、禁煙にチャレンジしましょう」と放送したところで、
重度のニコチン中毒者には何の効果もないと思うんですよね。

「あっ!今日はスワンの日だ!」 「今日だけでも禁煙しなくちゃ!」
なんて思う人なんていないですよ、実際。

なお、私の隣の工程にいる、
ポンコツみたいな正規のおっさんも休憩時間の度に喫煙所まで走ってますが、
「スワンの日」なんてどこ吹く風です。

従業員を本当に禁煙させたいなら、工場内の喫煙所を一切排除するとか、
喫煙者は出世させないとか(正規の場合)、 それくらいしないと変わらないと思うんですが。

と、毎月22日を迎えると、いつもそんなことを考えます。
まあ、今日の勤務が終わればついに13連休なので、
普段より大らかな気持ちで「スワンの日」の放送を聞けそうですけどねw

 

広告

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

広告

最近の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。