採用面接の内容は?なるべく落とされないための対策を教えます!

ホンダの期間工って、どんな人でも採用されるの?

2chのような掲示板でも「落とされた」「どうすれば採用されるの?」
などと話題になることも多い自動車メーカーの面接。

私の場合、いわゆる製造業に応募したのはホンダが初めてだったので、
その時のことは今でもよく覚えています。

まあハッキリ言って、よほど常識に欠ける受け答えをしない限り、
大抵の人が受かっちゃうんじゃないかと思いました(笑)。

そう考える根拠は、同期の中には「この人、今までどうやって生きて来たの?」
としか思えないようなタイプが少なからず存在するからです。

 

広告

 

見た目や言動からして、他の会社だったらまず採用されないだろうな、、、、、
という感じの、知的じゃないというか何と言うか、とにかくヤバそうな人。
面接会場にいただけじゃなく、そういう人でも実際に働いているのです。

だから、こんなブログを検索して読んでいるくらいリテラシーの高いあなたなら、
まず大丈夫でしょう。

とは言え、それでこの記事を終了してしまうのも不親切な気がするので、
面接官にどんなことを聞かれたのか、一応書いておくことにします。

 

 

面接で最も見られているのは、「協調性」!?

私が最初に聞かれたのは、「前の会社を辞めた理由」でした。
つまり円満退社だったかどうか、ということなんでしょうかね。

例えば「上司がムカついたから、ケンカして辞めました」 が本当の退職理由だったとしたら、
正直に言わない方がいいでしょう。

また、

「もし、自分の職場でちょっとした意見の行き違いがあったり、
何かトラブルが発生したと仮定して、どう対処しますか?」

ということも聞かれました。
ちなみに私は、

「決して感情的にならず、冷静に話をするように心がけます。
それでも解決しなかったら上司に相談します」

と回答しておきました。
もしあなたが「喧嘩上等!表に出ろや!」っていうタイプだとしても、
そんなことはおくびにも出してはいけませんよ(笑)。

 

 

自分自身の「積極性」もアピールしておいた方がいいかも

面接会場では、ホンダ工場内での仕事の様子を収録した動画を観賞させられました。
どういう工程があり、どんな風にクルマが作られているのかを撮影した内容ですね。

で、それを見た上で、

「どうですか?やれそうですか?」
「この中で、どの作業に興味を持ちましたか?」

と聞かれました。
 「自信ないッス」 「どこでもいいッス」 なんて答えたりすると印象悪いですよね。

私? 「何だか、ワクワクして来ました!」 と伝えましたよ。
事実、動画で見る一つ一つの作業工程はとても新鮮に感じられ、 面白そうだと思ったからです。

とにかく面接では「誰とでも上手くやって行けそうな人」であること、
仕事に対しては常に積極的な姿勢で臨むこと、 をアピールした方が、
好印象を得られるんじゃないでしょうか。

多分、誰でも受かるんじゃないかと思うけど(笑)。

 

広告

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

広告

最近の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。