ホンダ期間工、ちょっとフィリピンに行って来ました

工場勤務は単調な日々になりがちだから、長期休暇は海外旅行でリフレッシュ

 

埼玉にあるホンダの工場で、期間従業員として働いている私。
今年のゴールデンウィークは、フィリピンを旅して来ました。

ホンダはさすがに世界的な大企業だけあって、
基本的に労働環境も待遇も申し分ないと思ってますが、
このゴールデンウィークは、とにかく気分転換がしたかった。

自動車工場での仕事は、結構ストレスが溜まりますね。
もちろん、ホンダはさすがに世界的な大企業だけあって
労働環境や待遇はかなり良いと思います。

また、高度な工業技術の結晶である「クルマ」を製造する、
という仕事の一端を担っていることへのやりがいもあります。
でも時々、自分自身が機械の一部になっているような、
何とも虚しい気持ちになることもありまして。

そんな時は、思い切って海外旅行に出かけてしまうのが一番。
前の記事にも書きましたが、契約期間を終了した後は
フィリピンで本格的に英語を学んでみたいという気持ちがあり、
その下見も兼ねての旅でした。

結論としては、フィリピン、超楽しかったです。
今すぐにでも戻りたいくらい。

 

広告

 

私がフィリピン旅行をおすすめする理由とは

 

実際に行ってみて、フィリピンは旅行がしやすい国だと感じました。
何故なら、他のどのアジア諸国よりも英語が通じるからです。

中国なんて田舎に行ったら「ハウマッチ?」すら通じなかったですし、
タイやベトナムも、英語を喋る人は一握り。

でもフィリピンは英語の上手な人が多いし、
たとえ上手ではなくても、意思の疎通がしやすいんですよね。

しかも、これまで訪れたどこの国よりも地元の人々は陽気で親切。
もちろん治安の悪いエリアはありますし、
気を引き締めないといけない場面もありますが、
とにかく「人々の表情が明るい」と思いました。

そんなフィリピンは「日本から最も近い東南アジア」なので、
現地までのフライト時間が短いのも魅力。

GWやお盆休みのような長期休暇じゃなくても、
土日と有休を何日かつなげれば、そこそこ楽しめます。

 

広告

 

例えばアメリカやヨーロッパなんかだと、
飛行機で移動するだけで丸一日つぶれますからね。
往復となると、それだけで2日がパーです。
短期間の旅行には向いていません。

距離が近い=移動の費用が安い、というメリットもあります。
最近は日本にもLCCが普及したことによって、
飛行機のチケット代が随分が安くなっていますが、
今回私が購入したチケットなんて、
成田からマニラへの往復で2万円くらいですよ!

搭乗したのはセブパシフィック航空という会社ですが、
うまくキャンペーンの時期を狙えば、
もっと安く買えることもあるようです。
私の知人は、往復で1万円を切ったこともあるとか。

それと、あまり大きな声じゃ言えませんが、
フィリピンに行けば、他にも楽しいことが待ってます。

特に男性諸君にとっては、ウハウハな思いが出来る天国ですよ。
具体的な内容は、、、、まあ、察してください(笑)。

という訳で、充電完了。
残りの契約期間も、頑張ってホンダで働きます!

 

広告

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

広告

最近の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。