ホンダの期間工に支払われる「満了一時金」について、解説します!

ホンダの満了金は、在籍期間が半年を超えると大幅にアップする

ホンダで期間工として働く場合、埼玉だろうと鈴鹿・浜松だろうと、
契約は3ヶ月ごとの更新になります。

例えば「1月15日」が入社日(または再契約時の初日)だったとしたら
「4月14日」が満了日となり、3月分の給料と合わせて、満了一時金が支給されます。

もし、その日をもって契約期間が完全に終了、退職するのであれば、

「3月分の給料+4月1~14日までの給料+満了金+有給の残りがあれば買い上げ」

の合算となり、かなりの額になりますね。

広告

 

で、満了金の気になる金額ですが、在籍期間に応じて

 3ヶ月   →   9万円
 6ヶ月   →   9万円
 9ヶ月   →  15万円
12ヶ月   →  15万円
15ヶ月~  →  17万円

となります。

18ヶ月が経過した後(21・24・27・30・33・36ヶ月後)は、
17万円は据え置き。

でも、実際の手取り額は、、、、

上記の金額だけを見ると、想像するだけでウハウハな気分になりそうですよね。
特に15万円が支給される9ヶ月後ともなれば、
単純計算で月々の給料が5万円アップ(15万円÷3=5万円)、
ということになるからです。

ただし。
これらの数値はあくまでも額面上のものであって、
実際には、結構な額を引かれます。

手取りで幾らになるのかをアバウトに言うと、

 9万円   →   7万円
15万円   →  12万円
17万円   →  15万円

って感じです。

なので、正直言って、3~6ヶ月経過後にもらえる満了金には
それほどの感激はありませんでした。
1ヶ月単位に換算すれば、僅か2万数千円のプラスにしかなりませんからね。

しかし9ヶ月が経過し、満了金の手取り額が二桁になると、
さすがに受け止め方も変わって来ます。

そう言えば2ちゃんねるだったか、個人のブログだったか忘れましたが、
とあるホンダ期間工経験者が、

「15ヶ月が過ぎて満了金の額が17万円になったら、
職場の人間関係なんてストレスに感じなくなるよ」

といった意味のことを書いていたんですが、妙に納得!です。

特に事情がなければ、多少つらかったとしても半年は続けたいところ。
半年経てば有給も10日発生します(入社1年半後には、更に11日プラス)し、
その有給は買い上げてもらう(つまり、休日として使わずに日数分のお金をもらう)
ことも可能ですから。

というわけで、

「ホンダの期間工生活が美味しくなって来るのは、半年が過ぎてから」

というお話でした。

広告

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

広告

最近の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。